So-net無料ブログ作成

世界遺産 その208 [世界遺産]

今日は先週行きましたシアトル旅行で訪れた世界遺産を紹介します。

・オリンピック国立公園(アメリカ合衆国)

シアトルの西側にあるオリンピック半島に広がる国立公園が世界遺産に登録されています。

ここでは、訪れた場所を順に紹介してきます。

・ハリケーン リッジ

標高約1500mのポイントで、車で行くことができる一番高いところです。奥(南東)の方の山では氷河を見ることができます。

いくつかトレイルが整備されており、少し歩いてみました。

早速、小鹿がお出迎え(^^)

空と海、雲と対岸が分かりにくいですが、対岸にカナダ バンクーバー島が見えています。ビクトリア市が正面に位置します。

・クレセント湖

オリンピック国立公園内の北端にある湖です。

浅瀬はかなり綺麗な色をしています。

現地の人のレクリエーションの場としても利用されており、泳いだり、自家用モーターボートで遊覧したり、さらには、右端に少し写っていますが、犬まで泳いでたりします(^^)

※レクリエーションの雰囲気をお見せするため、珍しく人がたくさん写っています(^^)

ストーム キング レンジャー ステーション付近からメリーミア滝まで片道20分ほどのトレイルがあります。途中、オリンピック国立公園特有の温帯雨林の中を歩きます。

こちらがメリーミア滝です。高さは…ごめんなさい、わからないです(^^;

・キノート湖

オリンピック国立公園の南西端にある湖です。

付近にはいくつかのトレイルが整備されていますが、南側にある約0.5マイル程の自然雨林トレイルを散策してみました。

・カラロック

太平洋から大量の木が打ち上げられていました。

潮風で靄がかかっている感じに見えます。

目の前に太平洋が広がっています。遠浅で沖には高い波が打ち寄せていましたが、浜辺まではほとんど来なかったです。

・ルビー ビーチ

カラロックから北にそれほど離れていませんが、カラロックが砂浜だったのに対して、こちらは小石が多い浜辺でした。

地図画像

登録年:1981, 登録基準:(7),(9)

シアトルからレンタカーで訪れました。国立公園への入場は入場料を払う必要がありますが、今回訪れた範囲では、ハリケーン リッジへ向かう途中にあったゲートだけ徴収箇所がありました。1回の支払いで7日間有効です。


nice!(58)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 58

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0