So-net無料ブログ作成

世界の鉄道 その189 [鉄道]

今日も引き続き先月行きました北ドイツ旅行で利用した鉄道を紹介します。

・ドイツ国鉄 デュイスブルクS2線(エッセン ツォルフェライン北駅 - デュイスブルク中央駅)

ツォルフェライン炭坑業遺産群のあるエッセン ツォルフェライン北駅から一旦、デュイスブルク中央駅に戻ります。この区間は駅の両側ともほぼ一直線になっています。

デュイスブルク行きの列車が来ました。ちなみのこの駅は道路を跨ぐように駅が作られています。道路にはトラムの線路があり、すぐ近くに停車駅もあります。

戻りも1等席利用です。

駅を出るとすぐに世界遺産 ツォルフェライン炭坑業遺産群の煙突が見えてきます。完全に逆光で、白とび状態の写真になっていますが…(^^;;;

・ドイツ国鉄 IC2216(デュイスブルク中央駅 - ブレーメン中央駅)

世界遺産があるブレーメンへ向かいます。

シュトラールズント行きの列車を待ちますが、電光掲示板には25分遅れと表示されています(^^;

列車が到着と思ったら、後発の列車でした(^^;;;危うく乗りそうになりました。車体の横に行き先が表示されていることはほとんどないので、気を付けないととんでもないところへ連れていかれることになります…(^^;;;

約30分遅れで乗車予定の列車が到着しました。この旅行初めてのIC(特急)利用です。

2等車は通路まで人があふれるほど混んでいましたが、1等車は適度に空いていました。

たまたま個室が予約もなく空いていましたので、座ってみることに(^^)

この列車は旅行に行く前から乗車する予定で、本来ならばエッセン中央駅を経由するはずでしたが、工事中によりS2線へ迂回して走行しています。ということで、再び世界遺産 ツォルフェライン炭坑業遺産群の煙突をまた見ることができました(^^)

なお、迂回により本来ブレーメンまで2時間15分のところが、10分ほど余計に時間がかかっていました。

車窓を眺めながらブレーメンへ向かいます。

ブレーメン中央駅に到着です。

・おまけ

エッセン ツォルフェライン北駅の下を通ってきたトラムです。ちょうど駅の真下が停車駅になっているようです。

地図画像

上の衛星写真地図はちょうど今回旅行したメインの左下デュッセルドルフから右上のハンブルクまでが収まっています。


nice!(51)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 51

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0