So-net無料ブログ作成

人の技 その272 [ミュージアム]

今日は’17/5に行きました道央旅行からです。

・アイヌ民族博物館

白老町にある博物館でアイヌ民族の文化を紹介する場所になっています。

ポロトコタンはアイヌ語で「大きな湖の集落」という意味だそうで、実際隣には湖があります。

入り口には村長(むらおさ)の像があります。

アイヌ民族研究をしていたポーランド人のブロニスワフ プウスツキの像と幕末から明治にかけてアイヌ民族との共生を考えていた松浦 武四郎の碑があります。

北海道犬とヒグマが飼われていました。

アイヌの人が薬用などに利用していた野草が育てられています。

園内には茅葺の家があり、中でアイヌ民族の古式舞踊公演が行われていたり、民具などが展示されています。

カヌーも展示されています。

なお、2020年頃に隣の場所で国立アイヌ民族博物館を計画中で、今のアイヌ民族博物館は統廃合されそうです。


nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 33

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。