So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の文化財 その50 [特別記念物]

今日は時事ネタを書きたいので(^^;、先月行きました史跡を紹介します。

・臼杵磨崖仏(大分県)…特別史跡

大分県臼杵市にある摩崖仏とその周辺が特別史跡になっています。また摩崖仏の方は石仏として国宝に指定されています。

石仏は大きく4か所に分かれています。


入り口近くにあるホキ石仏第二群です。




少し奥にあるホキ石仏第一群です。



向かい側にある山王山石仏です。



古園石仏です。かなり傷んでいたようですが、近年の修復作業により復旧したようです。


また周辺にある満月寺境内も特別史跡の附として含まれているようです。

地図画像


国宝ですが建物ではないため、国宝シリーズには掲載しないです(^^;


さてニュースで「沖ノ島」が世界遺産に登録される見込みになりましたが、ただし関連する宗像大社 辺津宮、中津宮、沖津宮遥拝所と新原・奴山古墳群の除外が求められているようですね。沖ノ島は聖域で普通の人は行くことができませんので、遠くから眺めるのが限界でしょうか…

ちなみに除外になった場所はいずれも14/7/13の福岡旅行で訪れていて、「福岡から その6」で本ブログに掲載済みです…それなりに写真は撮ったのですが、最終的にどうなるでしょうか(^^;;;


nice!(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行