So-net無料ブログ作成
検索選択

世界遺産 その268 [世界遺産]

今日は昨日行われました世界遺産委員会で新たに登録された世界遺産で、これまでに訪れていた場所を紹介します。

・15世紀から17世紀のヴェネツィア共和国防衛施設群(イタリア共和国、クロアチア共和国、モンテネグロ)

※日本語名称は暫定でとりあえずWikipediaと同じものを採用しました。このブログでは日本ユネスコ協会の名称を基本としていますので、後日変更するかもしれません。

この世界遺産ではイタリア3か所、クロアチア2か所、モンテネグロ1か所が登録範囲になっています。なお、名称にヴェネツィアがついていますが、ヴェネツィア自体はこの世界遺産に含まれていません。

確定地図が公式のユネスコのサイトに掲載されていませんが、ほぼ確実そうなものを掲載します。

・ザダル

アドリア海に面したクロアチアの中部にある場所が世界遺産に登録されています。ここでは防衛施設のような感じの場所を掲載します。

三方を海に囲まれた旧市街になっています。

陸地側に正門があります。

正門付近には砦と見張り台のような場所があります。

北側の中央付近には海の門といわれる場所もあります。

街の中心に建つ鐘楼から見た旧市街です。

・コトル

モンテネグロにあるコルト湾の奥深くにある街です。単独でも「コトルの自然と文化-歴史地域」として世界遺産に登録されていますが、ここでは街の城壁のみ掲載することにします。

旧市街はさらに堀と城壁に囲まれています。

街の入り口にある海の門です。

街の南東部は崖になっていて、防御性が高く造られています。

地図画像

登録年:2017, 登録基準:(3),(4)

2014/10,11に行きましたバルカン半島のパッケージツアーで訪れました。

ザダルは旅程上、お昼ご飯を頂くためにフリータイムも含め軽く立ち寄った感じだけですので、世界遺産に登録されてよかったです(^^)

なお、Wikipediaではクロアチアの世界遺産 「シベニクの聖ヤコブ大聖堂」と範囲が重なると書かれていますが、公式サイトに掲載している場所を指し示すポイントがアドリア海に直接面した小島を指しており、登録面積もかなり狭いことからここでは範囲外とします。バッファーゾーンはかなり広いので、そちらには含まれているかもしれません。


世界遺産の登録審議も終了したようなので、PC版に掲載している世界遺産訪問リストも更新しました。今回は21か所登録され合計1073か所、1か所足らずに世界遺産訪問率25%を少しだけ切ってしまいました(^^;;;先月行きましたブルガリアも1か所世界遺産が増えるなど、これまでに訪れた国の世界遺産追加が多いですね。

ちなみに’13/12に訪れたフランス ストラスブールと’16/10に訪れたドイツ バウハウス関連の世界遺産の登録範囲が拡大されたことにより名称変更になっていますが、このブログでは日本ユネスコ協会による名称変更までこのままとします。また、明日から引き続き世界遺産訪問250か所記念の「世界遺産まとめシリーズ」を掲載しますが、16年登録分までを掲載することにします。


nice!(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行