So-net無料ブログ作成
検索選択
動・植物園 ブログトップ
前の5件 | -

生き物をみよう その56 [動・植物園]

今日から先週末に行きましたドイツ ベルリン旅行で訪れた場所を紹介します。まずは続きの生き物シリーズから…。

・デッサウ動物園

ベルリンから南西に電車で1時間半ぐらいの所にある動物園です。

入り口の反対側から撮っていますが、2対の獅子の像が置かれています。

入り口を入るとなにやら建物が見えます。

なかなかこちらに顔を見せてくれませんね(^^;

大型動物や猛獣はいないのですが、強いてクマがいるぐらいでしょうか。

のどかな動物園でした…

正面にあった建物は古くかなり傷んでいて、立ち入りが禁止されています。

で、たいした動物園でもないのに入ったわけは…世界遺産「デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国」の一部に含まれていて、デッサウ駅のすぐ近くにあるからです(^^;;;

地図画像

おまけ…

今回のドイツ ベルリン旅行で利用したホテルの通りに動物園、水族館の入り口がありましたので、ついでに載せておきます。

・ベルリン動物園

中国風の入り口になっている正門です。ちなみに、以前にも書いたことがありますが、象は前足を出して座れないですね(^^;

・ベルリン水族館

通りに面して水槽が1か所だけ公開されています。

地図画像

生き物をみよう その55 [動・植物園]

今日は’16/9に行きましたシンガポール旅行からの紹介で、シンガポール編としてはラストです。

・ガーデン バイ ザ ベイ

ここではドーム内を除くガーデン バイ ザ ベイ内の一部を紹介します。

マリーナ ベイ サンズの展望台から見たガーデン バイ ザ ベイです。右側奥および河口を挟んだ反対側もありますが、今回は訪れていません。

ガーデン バイ ザ ベイ自体は無料で公開されていて、ドームはぞれぞれ別料金になっています。

スーパー ツリーと呼ばれる木の建物が特徴的ですね。単なる人工物ではなく、周りに植物が茂っています。

特にメインのSupertree Groveでは有料ですがOCBC Skywayと呼ばれる空中回廊から、周辺を眺めることができます。

植物園というよりは庭園といった感じで、園内を散策することができます。

2つのドームを訪れた後、Silver Garden周辺を散策しました。夕暮れ時になっています。

訪れた日は中秋の名月のイベントでランタンが展示されていました。

夕方のイベントで行われていた獅子舞いです。

演奏も行われていました。

かなり幻想的なライトアップです。PM7:45, 8:45にはイルミネーション ショーが行われるのですが、当日深夜の帰国便を乗る必要があり、時間的な余裕がなかったことから見ていません(^^;

地図画像

明日からはドイツ ベルリン旅行編を掲載していきます!


生き物をみよう その54 [動・植物園]

早速行きましたドイツ ベルリン旅行の写真を載せたいところですが、9月のシンガポール旅行の分が若干残っていますので、その続きから掲載します(^^;

・ガーデン バイ ザ ベイ – クラウド フォレスト

近未来型植物園 ガーデン バイ ザ ベイにある2つのドームのうち東側にあるドームです。

ドームに入ると円錐の大きな山と滝が見えてきます。写真は撮っていませんが、滝つぼ付近ではかなりの水しぶきを浴びます(^^;

ここから、順路に沿って、ドーム内を見ていくことになります。

反対側に回ると、上空には空中回廊が見えます。一旦上まで上がります。

上がると、食虫植物とブロックの共演を見ることができます(^^)

滝口の下からも眺めることができます。

どこかの鍾乳石でしょうか…結構たくさん置かれています。

入り口の階からさらに降りたところにある滝つぼです。

ジャングルを抜けると、ドーム観賞は終了です。

地図画像

生き物をみよう その53 [動・植物園]

今日も先日行きましたシンガポールからの紹介です。

・ガーデン バイ ザ ベイ - フラワー ドーム

近未来型植物園 ガーデン バイ ザ ベイにある2つのドームのうち西側にあるドームです。

普通の植物園内にある温室とは比べものにならないくらい広いです。また、普通は湿度の高い部屋ですが、ここはエアコンの入った涼しいところです(^^)

いろいろなオブジェと合わせて展示されています。

天井もそれなりに高いですね。

オブジェもそれなりに格好良く作られています。ドラゴンでしょうかね。

ドーム内は平面ではなく、立体構造になっています。

芋虫のようなサボテンですね。

先ほどの場所の反対側から見た様子です。

変わったオブジェもあります(^^;

オブジェはアフリカ サバンナをイメージしているのかもしれませんが、花が咲き乱れていますね。

最後は馬に見送られて、見学は終了です。

地図画像

ガーデン バイ ザ ベイ全体は後日掲載します。


生き物をみよう その52 [動・植物園]

シンガポール植物園の各テーマ園を長々と連載してしまいましたが、今日がラストで、南側を紹介します。

・シンガポール植物園 ヘリテージ ガーデン

このブログ記事ではその他扱いにしてしまいましたが、世界遺産としてはここがメインでしょうか(^^;

木の下に白い看板があるのがヘリテージ ツリーで、植物園として歴史的な木のようです。

それなりにたくさんのヘリテージ ツリーが植えられています。

南にある池 スワン レイクです。白鳥のオブジェも置かれていますね。

水の上をころころ回るオブジェです。

音楽を演奏していたバンドスタンドです。

人が写っていないので高さがわかりにくいですが、高さが2~2.5mは軽くあるような草が生えていました(^^;

日本占領時代に造られた煉瓦の建造物のようです。

このシンガポール植物園が世界遺産に登録されることになった理由、歴史などが紹介されている建物です。

その向かいには、東南アジアの世界遺産などを紹介している建物がありました。

地図画像

前の5件 | - 動・植物園 ブログトップ