So-net無料ブログ作成
検索選択
特別記念物 ブログトップ
前の5件 | -

日本の文化財 その48 [特別記念物]

今日も年末年始に行きました中国旅行の前日に行きました場所からの紹介です。

・常陸国分尼寺跡(茨城県)…特別史跡

奈良時代に建てられた国分尼寺の跡です。国分尼寺は国分寺に比べて早期に衰退したため、跡が残っているのは全国的にも珍しいようです。

現在は空き地のようになっていますが、礎石のようなものは確認することができます。

地図画像

常陸国分寺跡から歩いていくことができる距離にあります。


nice!(42)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本の文化財 その47 [特別記念物]

今日から週末に行きました鹿児島旅行から紹介するつもりでしたが、準備ができていませんので、その前の年末年始に行きました中国旅行の前日に訪れた場所を紹介します。…書いておきながら「その前」、「前日」と若干ややこしい状況になってますが(^^;;;

・常陸国分寺跡(茨城県)…特別史跡

奈良時代に建てられた国分寺の跡が特別史跡として指定されています。

跡といっても…な感じがして、何が特別なのか正直よくわからないです(^^;;;

なお、敷地は現在の国分寺と一部重なっています。建物も所在している石岡市の有形文化財に登録されているのがあります。

地図画像

nice!(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本の文化財 その46 [特別記念物]

今日も先週行きました場所からの紹介です。

・小石川後楽園(東京都)…特別史跡、特別名勝

水戸徳川家 上屋敷にあった庭園です。

園内はそれなりに広いのですが、ここでは代表的な場所を紹介します。

西門にある入り口を入ってすぐにみられる景色です。正面奥には東京ドームが見えています…

園内の中央付近にある白糸の滝付近です。現在、この辺りは工事中でした。

稲田です。徳川光圀が嗣子の夫人に農民の苦労を知ってもらうために造られたのが始まりのようです。案山子も水戸黄門そのままですね(^^)

円月橋です。水面も含めて丸く月のように映ることから、名前が付けられたようです。

得仁堂です。光圀が史記を読み、感銘を受けたことから、その木像が安置されているようです。

朱色がひときわ目立つ通天橋です。

屏風岩です。

中国杭州にある西湖にちなんだ堤です。

北側から見た大泉水と蓬莱島です。

東の端にある内庭の池です。

内庭からの南側には木曽川を模して木曽山、寝覚の滝などがあります。

徳川斉昭が書いた駐歩泉碑があります。

地図画像

nice!(41)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本の文化財 その45 [特別記念物]

今日も先週行きました場所から紹介です。

・六義園(東京都)…特別名勝

徳川5代将軍 綱吉の側用人 柳沢吉保が18世紀初めに造った大名庭園です。その後、荒れ果てた庭園を買い取った三菱の創業者 岩崎弥太郎により整備され、1938年に東京市に寄付し今に至っています。

手前の玉藻磯から見た庭園の様子です。

滝見茶屋からみた様子です。奥の橋は千鳥橋です。

明治に建てられたものがそのまま残っているつづじ茶屋です。

吹上茶屋から見た様子です。

築山に登るために造られた藤代峠への道です。

築山から見た様子です。

2枚の岩で造られた渡月橋です。

出汐湊からみた様子です。

地図画像

あいにくの小雨交じりの天気だったため、観光客はまばらでした…


nice!(36)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本の文化財 その44 [特別記念物]

今日も引き続き先週末に来ました場所を紹介します。

・多賀城跡 附 寺跡(宮城県)…特別史跡

奈良時代以降に陸奥国府、鎮守府が置かれていた多賀城跡とその周辺施設跡が特別史跡に指定されています。ここでは先日紹介した多賀城で掲載した写真を除いたものを載せたいと思います。

・多賀城

外郭南門跡です。遺構が殆ど表に出ていませんので、紹介版をメインに…(^^;

南門から北に歩くとすぐに多賀城碑が見えます。写真は北側から撮影したものです。

城前地区付近です。

政庁跡です。

政庁跡の北側にある六月坂地区付近です。

政庁跡の東側にある大畑地区です。

掘立柱式建物跡も見つかっています。

外郭北東隅付近です。奥に街道があります。

・多賀城廃寺跡

多賀城から少し南にある多賀城廃寺跡です。多賀城と同時期に造られたようです。

地図画像

先週末に来ました場所もちょうど今回で終了です。明日から寺院シリーズに戻ります。


nice!(44)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - 特別記念物 ブログトップ