So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
世界遺産 ブログトップ
前の5件 | -

世界遺産 その294 [世界遺産]

昨日漏れが発覚した世界遺産を紹介します(^^;;;

・オーストラリア囚人遺跡群(オーストラリア連邦)

オーストラリア内11か所のイギリス植民地時代に建てられた囚人、アボリジニの収容施設が負の世界遺産として登録されています。

シドニー市内には2か所ありますが、そのうちの1か所、’08/12のシドニー旅行でたまたま写真に写っていましたので、紹介します。

・ハイド パーク バラックス

19世紀初めに建てられた収容施設で、その後、いろいろな用途として使われたようです。

シドニー タワーから東側を眺めた写真で、写真左側にあり、ちょうどシドニー タワーの影がかかっている3階建ての建物です。

この写真しかないのですが、切り取った原寸大も合わせて掲載しておきます。

ブログに掲載している写真は、特定の番号とか自分の名前が入った部分は消していますが、基本的に加工していない状態の物を掲載しています…

ほとんどなんちゃって訪問ですが…(^^;;;

ちなみに、今は博物館になっているようです。

登録年:2010, 登録基準:(4),(6)

個人旅行で訪れており、宿泊したホテルから歩いて付近を散策しました。

さて、今回のも入れてこれで294か所訪問です。世界遺産 300か所訪問まで残り6か所です!


nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

世界遺産 その293 [世界遺産]

今日も現在行われている第42回 世界遺産委員会で新たに登録された世界遺産を紹介します!

・ムンバイのヴィクトリアン ネオ ゴシックとアール デコの建造物群(インド)

インド ムンバイにある19~20世紀初めに建てられた建造物が世界遺産に登録されています。

なお、名称は暫定で和訳しましたので、後日、日本ユネスコ協会で名称が記載された段階で修正することにします。

バスの車窓からです。

コアゾーンで写真を撮ったのはこれだけですが、バッファーゾーンには既に世界遺産に登録されている「チャトラパティ シヴァージー ターミナス駅(旧名ヴィクトリア ターミナス)」、観光名所の1つ インド門も含まれていますが、ここでは割愛します。

登録年:2018, 登録基準:(2),(4)

パッケージツアーで訪れました。

これで世界遺産 300か所訪問まであと7か所です(^^)

7/4まで世界遺産委員会は続きますが、過去に訪れた1か所が審議中ですので、登録されれば掲載します! また、PC版に掲載の世界遺産訪問リストは暫定で掲載していますが、確定版は委員会終了後付近で掲載します。


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

世界遺産 その292 [世界遺産]

現在行われている第42回 世界遺産委員会で長崎の教会が今日6/30、世界遺産に登録されましたので、早速紹介します(^^)

・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(日本国)

これまでに5か所の資産へ訪れましたので、紹介します。

・大浦天主堂

江戸時代末期に建てられた教会で、明治初期に増改築し今に至っています。

信徒発見といわれる舞台になった場所です。

周辺には関連する建物があります。

・外海 出津集落

隠れキリシタンが住んでいた今の長崎市外海地区 出津集落に、明治時代に入り教会が建設されました。

旧出津救助院と合わせて周辺の集落が世界遺産の対象になっています。

・外海 大野集落

こちらも隠れキリシタンが住んでいた今の長崎市外海地区 大野集落に、明治時代に入り教会が建設されました。石積みの建物は珍しいですね。

・原城跡

江戸時代初期に起きた島原の乱にてキリスト教徒を含む住民が立てこもった場所です。

住民側の代表として、いわゆる天草四郎は有名ですね。

大きな城跡ですが、その後の一揆の拠点にならないよう、大部分が破壊されています。

・天草 﨑津集落

天草 﨑津にある隠れキリシタンがいた集落が範囲に登録されています。教会時代は昭和の建物ということで、メインではありませんが、近くにある﨑津諏訪神社などが含まれています。

神社奥にある展望台の途中から見た﨑津の街並みです。

登録年:2018, 登録基準:(3)

大浦天主堂には’10年、﨑津集落には’15年、出津集落、大野集落、原城跡には’16年に訪れており、いずれも個人旅行です。まだ、行けていない場所も多いですが、どこかのタイミングで見に行きたいですね。

明日も、今回の世界遺産委員会で登録された場所を紹介します!!


nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

世界遺産 その291 [世界遺産]

今日も先週行きましたスリランカ旅行からの世界遺産紹介です。

・ゴール旧市街とその要塞群(スリランカ民主社会主義共和国)

スリランカ南部の沿岸にある街 ゴールの旧市街が世界遺産に登録されています。

他のスリランカの世界遺産とは違い、ポルトガル植民都市時代以降の遺跡が対象になっています。ここではいくつかの建物を掲載します。

要塞跡と時計台です。

今はホテルになっている建物です。

教会がいくつか建ち並んでいます。

図書館として使われている建物です。

海洋博物館として使われている建物です。

旧オランダ軍病院です。今は商店街といった感じです。

ゴール灯台です。

モスクもありました。

沿岸も城壁で覆われています。

登録年:1988, 登録基準:(4)

パッケージツアーで訪れました。


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

世界遺産 その290 [世界遺産]

今日も引き続き先週行きましたスリランカ旅行からの世界遺産紹介です。

・聖地キャンディ(スリランカ民主社会主義共和国)

スリランカの王朝時代の最後の都だったキャンディの旧市街が世界遺産に登録されています。

・仏歯寺

スリランカ王朝の宮殿と寺院を兼ねた場所で、仏歯が保管、祀られています。

お堀のような感じになっています。

敷地内にはいくつかの建物があります。

各国から贈られた仏像があります。

1日に3回、仏歯が収められた容器に直接祈りをささげることができる時間があります。

・キャンディ旧市街

いくつかの建物が世界遺産に登録されているようです。

キリスト教の教会も登録されています。

キャンディ旧市街にあるホテルです。

人造湖のキャンディ湖周辺も登録範囲のようです。

王の沐浴場だった場所のようです。

今はカルチャーセンターとしてキャンディアン ダンス ショーを見ることができます。

登録年:1988, 登録基準:(4),(6)

パッケージツアーで訪れました。


nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - 世界遺産 ブログトップ