So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ミュージアム ブログトップ
前の5件 | -

人の技 その334 [ミュージアム]

今日も引き続き先日行きました場所からの紹介です。

・旧長谷川邸

松阪市内にある江戸時代の豪商だった長谷川家の邸宅跡です。

住居がほぼ完全に残っていることから重要文化財に指定されています。

模型が置いてありました。右側の庭園は紀州藩の奉行所があった場所のようで、明治時代に買い取ったようです。

暖簾に書かれているマークは江戸の商店の街並み浮世絵にも描かれたようです。

内部は見られませんでしたが、大判、小判が発見された金庫があります。

2階建ての座敷です。

小さな中庭もあります。

西側にある庭園です。

2週にわたって掲載した伊賀と松阪の観光ですが、今回で終了です。明日からは不定期掲載になっているお寺シリーズを掲載していきます。


nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

人の技 その333 [ミュージアム]

今日も先日行きました場所からの紹介です。

・本居宣長旧宅跡

江戸時代の国文学者 本居宣長の旧宅跡です。先に旧宅は紹介していますが、元々こちらにあったようです。現在は一部のみ残っています。

2部屋公開されています。

旧宅跡にある松は本居宣長が生きていた時から大切にしていた木のようです。


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

人の技 その332 [ミュージアム]

今日も引き続き先日行きました場所からの紹介です。

・松阪商人の館

松阪市内にあり、江戸時代の豪商の館が公開されています。

伊勢地方で三井に次ぐ二番目の豪商 小津家の住宅です。通りがお伊勢参りの街道だったことから、参拝客をもてなしていたようです。

母屋の中庭です。

母屋にはいくつかの部屋があります。

母屋に続く庫もありましたが、こちらは撮影禁止のため写真はありません。

さらに敷地内にはいくつかの建物があります。

参拝客をもてなす台所のようです。

台所の天井はかなりすすで黒くなっていますね。

左側の建物は母屋に続く倉です。

こちらは蔵跡です。

母屋から台所を挟んだ反対側は、来客をもてなす座敷のようです。

こんな感じの建物になっています。


nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

人の技 その331 [ミュージアム]

今日も先日行きました場所からの紹介です。

・三井家発祥地

いわゆる三井グルーブの元になった商人 三井高利の生家だった場所が一部保存されています。

門だけが残されている感じですが、囲われていていますね(^^;;;

・来遠(ライオン)像/「豪商のまち松阪」

三井家発祥地の通りを挟んだ反対側にあるライオン像と建物です。

元々は三井家の土地だった場所だったようです。’15年に三越伊勢丹ホールディングスが松阪市との協定により贈ったようです。三越の前にあるライオン像と同じもののようです(^^)


nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

人の技 その330 [ミュージアム]

今日も引き続き先日行きました場所からの紹介です。

・御城番屋敷

松坂城跡の南側に長屋2棟があります。江戸時代末期の武士の住宅がそのまま現存しており、重要文化財にも登録されています。

城跡から見て右側の住居が一般公開されています。他の家は実際に現在でも利用されています。

長屋の手前には倉庫があります。

長屋に住んでいたのは、歴史的背景を持った武士たちのようなのですが、ここでは説明を割愛します(^^;;;

改めて、城側の北側からの眺めです。

南側の眺めです。奥の林は城跡になります。


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - ミュージアム ブログトップ